宇都宮市について

ホーム › 環境 › 宇都宮市について

位置

宇都宮市がある栃木県は日本のほぼ真ん中にあり、東京から60キロメートルから160キロメートルの位置にあります。

気候

寒暖の差が大きく、冬は空気が乾燥し、夏は湿度が高く、年間を通じ比較的雨量が多い温帯湿潤気候に属しています。

2013年の平均気温

1月 2月 3月 4月 5月 6月
2.1℃ 2.8℃ 9.6℃ 12.1℃ 17.8℃ 21.6℃
7月 8月 9月 10月 11月 12月
25.1℃ 26.9℃ 22.9℃ 17.8℃ 9.7℃ 4.8℃

各地の平均気温 (2013年) との比較

人口

約51万8千人(平成27年7月1日)

産業

栃木県は、首都圏に位置する地理的優位性、勤勉な県民性といった発展的な要素を基礎として、バランスのとれた産業活動を展開しています。その結果、農業産出額は全国第10 位、製造品出荷額等は全国第11位など全国有数の産業県となっています。
また、栃木県には、世界にその名を知られる日光国立公園をはじめとして、8つの県立自然公園があり、四季折々の豊かで美しい自然に恵まれています。加えて鬼怒川・那須・塩原といった数多くの温泉郷もあり、毎年多くの観光客が栃木県を訪れます。

名物

餃子

宇都宮といえば餃子と答える人が多く、餃子消費量は日本で一位です。揚げ餃子、焼き餃子、水餃子、いろいろ楽しめます。

カクテル

宇都宮は国内はもとより、海外のコンクールで優勝したバーテンダーが日本一多い街です。夜ともなるとバーテンダーたちが腕を競いあいます。

ジャズ

宇都宮市を「ジャズのまちに」と、2001年8月、宇都宮市と各民間団体の代表が「うつのみやジャズのまち委員会」を立ち上げ、数々の音楽イベントに取り組んでいます。